楽天マガジン(雑誌読み放題アプリ)をレビュー。dマガジンより安い?料金やポイント関係を徹底調査。使用感や注意点も解説。【雑誌名一覧・解約方法も!】

最近、コンビニで雑誌買わなくなりました。

雑誌読み放題サービスに加入したら、コンビニで買うのがバカらしくなったからです。

僕が加入したのは楽天マガジンというサービスで、アプリ1つで雑誌(電子版)のダウンロードから閲覧までできるし、雑誌の種類は250冊以上

コンビニに置いてあるようなメジャーな雑誌はほとんど揃っています。

それで月額380円(税抜)ですから。本当にコスパ良いと思います。
いい時代になったな〜。

dマガジンやTマガジンという競合する読み放題サービスもありますが、現状ではコスパの良さで楽天マガジンに軍配が上がります。

ということで、今回は楽天マガジンを徹底レビューします。

楽天マガジンを使いこんで感じたことを中心に、その魅力や他社サービスとの違い、残念に感じた点までありのままを書きました。

目次からお好きなところにジャンプして読んでくださいね。

Sponsored Links

楽天マガジンとは?

まずは基本情報を。

楽天マガジンの基本情報
ジャンル 雑誌読み放題
料金 月額税抜380円
対応OS iOS/android
対象年齢 ios→17歳以上
android→12歳以上
公開日 2016年8月サービス開始
販売者 楽天モバイル株式会社

やっぱり料金の安さに注目ですね。

dマガジンよりは後発ですが、コスパの良さで確固たる地位を築いたのが楽天マガジンです。

ここで早速ですが、使ってみた率直な感想をいくつか述べておきます。

使ってみた率直な感想
  • 料金やサービスの質、アプリの使用感等を含めて総合的に大変満足している。
  • スマホで読みにくい等の残念な点もあるが、それは他の読み放題サービスでも同じ
  • 雑誌を定期的に買う人や立ち読みするのが好きな人は、加入の検討をおすすめします。
Sponsored Links

楽天マガジンの魅力

ここからは楽天マガジンの魅力をお伝えしますね。

dマガジンより安い!

楽天マガジン公式ページの料金プラン説明図
月額プランと年額プランの比較

なんといっても料金が安いです。
コスパの鬼ですね。

とりあえず料金関係を全部以下にまとめました

料金まとめ
  1. 楽天マガジンには月額プラン・年額プランの2つのプランがある。
  2. 月額プランは月380円(税抜)。
    年額プランは年3600円(税抜)で月額換算すると月300円(税抜)!
    ※dマガジンは月400円(税抜)で年額プランはなし。
  3. 支払いはクレカか楽天ポイントのみ。
  4. 楽天ポイントで払う場合は期間限定ポイントも使える
  5. 料金を払うことで楽天ポイントが貯まる
  6. 1つのアカウントでスマホ・タブレットなら5台まで、PCは2台まで読める。

ではひとつずつ解説していきます。

①&②月額プランと年額プラン

雑誌読み放題サービスで年額プランがあるのは楽天マガジンだけです。(2019年8月現在)

月額プランでも月380円と安いのに年額だと月300円(税抜)です。

これは競合と比較してもライバル不在の安さです。

普通、雑誌1冊でも500円以上とかしますよね。
250冊で計算すると、1冊約1.5円で読めちゃいます。
年払いなら1.2円!

単純に価格だけみるとdマガジンよりオススメです。

なぜこんなに安いのか?

③支払いはクレカか楽天ポイントのみ。

楽天ポイントで支払いできるのは、楽天利用者は嬉しいですね。

④楽天ポイントで払う場合は期間限定ポイントも使える

期間限定ポイントって、ありがたいのかウザいのかわからない存在ですよね。(自分だけ?)これを支払いにブチこめるのは結構爽快です。

⑤料金を払うことで楽天ポイントが貯まる

料金が安いので微々たるものですが、貯まります。
しかも、楽天ポイントで決済した場合でも楽天ポイントは貯まります。
これは大事なことなんでもう一度…

楽天ポイントで決済した場合でも楽天ポイントは貯まります。
(サポートに確認済み)

ポイントがポイントを生むとは。これが現代の錬金術か。。。

⑥1つのアカウントでスマホ・タブレットなら5台まで、PCは2台まで読める。

これだけ複数端末に対応していれば困ることはなさそうですね。

楽天マガジンは雑誌の数が多く、質も高い

肝心の雑誌ラインナップについてですが、以下にまとめました。

ラインナップについて
  1. 全11ジャンル、250誌以上の雑誌が読み放題。
  2. バックナンバーも同じように読めてダウンロードできる。(ただし、各雑誌によって遡れる号数は異なる)
  3. 特に充実しているのは、女性ファッション誌、男性ファッション誌、男性ライフスタイル誌の3ジャンル。
  4. 250冊誌以上・ダウンロード可能という条件はdマガジンも同じ。

ラインナップは本当に充実しています。
書店の雑誌コーナーを持ち歩いてるような感覚です。

ちなみに、自分の好きな雑誌を選んで最新号がでたら自動でダウンロードする設定にもできます。
これ、結構オススメですよ。

バックナンバーも読めるのは嬉しいですよね。
これだけ充実してると、読みたいけど読めてない雑誌が溜まっていきます。
これをあとからまとめて読めるのはとても便利です。

具体的な雑誌名については、下にすべて書き出してみました。(ボックスをタップするとラインナップが見れます。)
見てもらえるとわかりますが、ホントに有名で誰もが知ってる雑誌ばかりです。

  • AERA
  • ナショナル ジオグラフィック日本版
  • FRIDAY
  • 女性セブン
  • 週刊文春
  • 女性自身
  • 週刊新潮
  • 紙の爆弾
  • 週刊アサヒ芸能
  • 週刊大衆
  • FLASH
  • サンデー毎日
  • ダ・ヴィンチ
  • ニューズウィーク日本版
  • 週刊ポスト
  • 週プレ
  • 週刊現代
  • FLASH増刊
  • 講談社MOOK
  • 週刊現代別冊
  • NHK きょうの健康
  • サイゾー
  • SAPIO
  • PRESIDENT
  • 週刊エコノミスト
  • 週刊ダイヤモンド
  • 週刊東洋経済
  • COURRiER Japon
  • 日経マネー
  • エイ出版社の実用ムック
  • ニューズウィーク日本版別冊
  • マイナビムック
  • 週刊東洋経済 臨時増刊
  • Forbes JAPAN
  • 日経トレンディ
  • ダイヤモンドZAi
  • Web Designing
  • 日経PC21
  • 週刊アスキー
  • 家電批評
  • Mac Fan
  • デジモノステーション
  • GetNavi
  • flick!
  • MONOQLO
  • DIME
  • 月刊グッズプレス
  • WIRED
  • Begin
  • Pen
  • Daytona
  • Casa BRUTUS
  • HOT-DOG PRESS
  • サライ
  • 世田谷ライフマガジン
  • 眼鏡Begin
  • 男の隠れ家
  • GOETHE[ゲーテ]
  • Tokyo graffiti
  • 湘南スタイルmagazine
  • 2nd
  • MEN’S NON-NO
  • Fine(ファイン)
  • MEN’S EX
  • Men’s PREPPY
  • Snap LEON
  • YOUNG GOETHE[ヤング・ゲーテ]
  • GO OUT
  • Lightning
  • UOMO
  • GQ JAPAN
  • OCEANS(オーシャンズ)
  • Safari
  • MEN’S CLUB メンズクラブ
  • THE DAY
  • PEAKS
  • SOCCER KING
  • 山と渓谷
  • アルバトロス・ビュー
  • 月刊フットボリスタ
  • サッカーダイジェスト
  • Number
  • Tarzan
  • 週刊プロレス
  • 週刊ベースボール
  • BE-PAL
  • Weekly Pargolf
  • 週刊ゴルフダイジェスト
  • EVEN
  • GOLF TODAY
  • ワールドサッカーダイジェスト
  • ワンダーフォーゲル増刊
  • 別冊ランドネ
  • 別冊山と渓谷
  • 晋遊舎ムック
  • サーフトリップジャーナル
  • イーグルス・マガジン
  • Yogini
  • スマッシュ
  • ランドネ
  • ゴルフダイジェスト
  • ワッグル
  • SALT WORLD
  • ワンダーフォーゲル
  • RUN+TRAIL
  • NALU
  • RUNNING STYLE
  • ストライカーDX
  • 美ST
  • mer
  • GINZA
  • HERS
  • BAILA
  • ar
  • Precious
  • LEE
  • Marisol
  • S Cawaii!
  • bis
  • STORY
  • eclat
  • Seventeen
  • PREPPY
  • CLASSY.
  • Oggi
  • MORE
  • 25ans ヴァンサンカン
  • ELLE JAPON エル・ジャポン
  • GISELe
  • NYLON JAPAN
  • VOGUE JAPAN
  • with
  • Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)
  • CanCan
  • JJ
  • SPUR
  • GINGER[ジンジャー]
  • Ray
  • ViVi
  • 美的
  • MAQUIA
  • LDK the Beauty
  • VOCE
  • 大人の愛されヘアカタログ
  • non-no
  • Harper’s BAZAAR ハーパーズ バザー
  • la farfa[ラ・ファーファ]
  • mina
  • フィガロジャポン
  • JELLY[ジェリー]
  • カジカジH
  • andGIRL(アンドガール)
  • LaLa Begin
  • BEST HIT!愛され小顔ヘアカタログ500
  • テイスト別・レングス順 ボブ&ショートヘアカタログ
  • 可愛いコがしているおしゃれヘアカタログ
  • Domani
  • mamagirl(ママガール)
  • ar特別編集 大人に似合うヘアBOOK
  • ナチュリラ
  • ゆるふわ
  • 美しいキモノ
  • カジカジH TOKYO
  • argirlのすべて おしゃ可愛HAIR編
  • argirlのすべて モテ顔メイク編
  • ar特別編集 TOKYOサロンベスト50
  • ar特別編集 恋するショート&ボブ777
  • キレイな大人ヘア
  • 25ans ウエディング
  • anan
  • CREA
  • ELLE mariage エル・マリアージュ
  • FRaU
  • Hanako
  • ku:nel(クウネル)
  • LDK
  • MAGAZINE HOUSE MOOK
  • Mart
  • Richesse リシェス
  • たまごクラブ
  • ひよこクラブ
  • ゆうゆう
  • クロワッサン
  • サンキュ!
  • 婦人画報
  • 家庭画報
  • 日経ウーマン
  • 日経ヘルス
  • &Premium(アンドプレミアム)
  • CREA Traveller
  • dancyu
  • Discover Japan
  • ELLE gourmet エル・グルメ
  • OZmagazine
  • OZmagazineTRIP
  • おとなの週末
  • ぴあMOOK
  • アロハエクスプレス
  • オレンジページブック
  • クロワッサン特別編集
  • ハワイスタイル
  • ビール王国
  • ワイン王国
  • 九州ウォーカー
  • 別冊Lightningシリーズ
  • 北海道ウォーカー
  • 夏ぴあ
  • 散歩の達人
  • 料理通信
  • 旅の手帖
  • 東京ウォーカー
  • 東海ウォーカー
  • 横浜ウォーカー
  • 秋ぴあ
  • 関西ウォーカー
  • 食楽
  • auto sport
  • BiCYCLE CLUB
  • BikeJIN/培倶人
  • CAPA
  • CARトップ
  • CLUB HARLEY
  • CLUTCH
  • DUCATI Magazine
  • DVD&動画配信でーた
  • ENGLISH JOURNAL
  • F1速報
  • FLASHスペシャル
  • GENROQ
  • GERMAN CARS(ジャーマンカーズ)
  • HiVi
  • Kawasaki(カワサキバイクマガジン)
  • LET’S GO 4WD
  • Motor Magazine
  • Mr.Bike BG
  • Nintendo DREAM
  • Platinum FLASH
  • RETRIEVER
  • RIDERS CLUB
  • SCREEN
  • SCREEN増刊
  • Tipo
  • VIBES
  • WATCH NAVI
  • つり情報
  • ねこ
  • ぴあ Movie Special
  • アニメディア
  • アメ車マガジン
  • オトメディア
  • オートバイ
  • カメラマン
  • カー・マガジン
  • コスプレイモード
  • ザ・マイカー
  • サラブレ
  • ステレオサウンド
  • ディズニーファン
  • デジタルカメラマガジン
  • ドゥーパ!
  • パチスロ必勝法
  • パチンコ必勝本CLIMAX
  • ベストカー
  • ホリデーオート
  • ムー
  • メガミマガジン
  • ル・ボラン
  • 園芸ガイド
  • 声優アニメディア
  • 声優グランプリ
  • 大人の名古屋
  • 将棋世界(日本将棋連盟発行)
  • 日経エンタテインメント!
  • 時計Begin
  • 月刊アニメージュ
  • 月刊エンタメ
  • 趣味の文具箱
  • 週刊Gallop
  • 週刊ザテレビジョンPLUS
  • 週刊ファミ通
  • 野菜だより
  • 電撃Playstation
  • 韓流ぴあ
  • NHK 趣味の園芸
  • Baby-mo
  • CHANTO
  • Come home!
  • ELLE DECOR エル・デコ
  • ESSE
  • Pre-mo
  • オレンジページ
  • レタスクラブ
  • 主婦と生活社ムック
  • 主婦の友社ムック
  • 学研ムック
  • 実践障害児教育
  • 扶桑社ムック
  • &Premium特別編集
  • +1Living
  • 3分クッキング(日本テレビ)
  • NHK きょうの料理
  • NHK きょうの料理ビギナーズ

実際にアプリを起動して雑誌の数を調べた結果、2019年8月18日現在で合計302誌でした。充実してますね。

Sponsored Links

楽天マガジンの残念なところ・注意点

どれだけ良いサービスにも残念なところはあるものです。
それは神サービスである楽天マガジンも例外ではなく…。

ただ、重要なのはメリットとデメリットのバランスです。
メリットが十分上回れば、加入する価値は大いにありますね。

楽天マガジンを使ってみて感じた残念なところ・注意点をまとめたので、吟味してみてください。

楽天マガジンの残念なところ・注意点
  1. 拡大しないとスマホでは文字がかなり読みにくい
  2. 紙の本にはあるのに修正されたり省かれたりして読めないコンテンツがある
  3. 雑誌には配信期限がある。期限をすぎると読めなくなる。
  4. ダウンロードでストレージを食う
  5. 読めるのは雑誌のみ。マンガ、小説、ビジネス書等はない
  6. ライトユーザー向け雑誌が多い。
  7. 楽天会員にならないと加入できない。
  8. コンテンツのスクショはNG。個人的な範囲で楽しむとしてもNG。

※1〜4は楽天マガジンに限った話ではなく、雑誌読み放題サービス全般に言えることです。

⑤から説明します。

⑤読めるのは雑誌のみ

これは重要だけど意外と見落としやすいポイントかも。

対して、Amazonが運営する「Kindle Unlimited」ではマンガや小説、ビジネス書等も読めますね。
サービスの方向性が明確に異なっている部分です。

⑥ライトユーザー向け雑誌が多い。

これは仕方ないことです。
言い方を変えれば、マニアックな雑誌を扱わないがコンビニにあるような人気雑誌はほとんど網羅しているといえます。

マニアックな雑誌は少数のニッチな需要を満たすために存在しています。
なので、多数を相手に商売する読み放題サービスとは相性が悪いのだと思います。

⑦楽天会員にならないと加入できない。

楽天会員は楽天マガジン以外にもさまざまな恩恵が受けられるので「楽天が大キライ!」という人以外は楽天会員になっておきましょう。

ちなみにdマガジンはドコモユーザー以外も加入できます。

⑧コンテンツのスクショはNG

これは文字通りNGでした。
個人的に気になったのでサポートに問い合わせたところ、当日中に返答を貰えました。
文面を以下に掲載させていただきます。

規約違反ということですね。
スクショすることが禁止事項の「複製」に該当するのかもしれません。

Sponsored Links

楽天マガジンの使用感をレビュー

ここでは実際の使用感についてお伝えしていきます。

基本的な使用感(画質・アプリの操作性・検索)

とりあえず使用感で不満だったことは正直ありません

画質もキレイだし、普通にアプリも良くできています。

突然落ちることもないし、ページ送りがもたつくこともありません。

ダウンロードすればオフラインでも読めます

スマホ・タブレットはもちろんのこと、PCにも対応しています。

検索も優秀です。

例えば、「ディズニー」と検索するとディズニー関連のコンテンツがある雑誌がすべて検索結果に出てきます。(画像内の文字に対して検索をかけているのだろうか?不思議。)

アプリの設計・操作性に関しては、後発だけになかなか研究されているのかも。

よほどIT音痴の人でなければダウンロードした日から普通に迷わず使えるかと思います。

スマホ・タブレット・PCでの使用感の差

楽天マガジン内の同一コンテンツをPC、スマホ、タブレットで同時に表示している写真
左からMacBookPro15インチ、iphone XR6.1インチ、ipad pro9.7インチ

ここは結構重要です。
どの種類の端末を使うかで、読みやすがかなり変わってきます。

スマホとタブレットはアプリで雑誌を読みますが、PCはブラウザ上で読むことになります。

一番使用感がいいのはタブレットでした。

逆にスマホは文字が小さくて、結構読みづらいです。
拡大すれば読みやすくはなるのですが、読書中にいちいち画面を拡大するのは結構面倒くさいです。

PCは大きな画面で読めるので快適ですが、横になって読めないし、デスクに座りっぱなしじゃないと見れないのがネックですね。

Sponsored Links

楽天マガジンはどんな人にオススメか

楽天マガジンをこんな人にオススメしたい!ということでまとめてみました。
下のどれかに該当すると思った人は、31日間無料なので試してみるといいかも。

楽天マガジンはこんな人にオススメ
  1. とにかくコスパで雑誌読み放題サービスを選びたい人
  2. 楽天マガジンのラインナップにいつも買ってる雑誌が1〜2冊ある
  3. スキマ時間・移動時間が多い人
  4. 雑誌を月に1冊以上買う人
  5. 雑誌の立ち読みが習慣になってる人
  6. 入院中、妊娠中などの事情で外出できない人
  7. 雑誌は重くて買うのが億劫な人
  8. とりあえずタブレットを有効活用したい人

冒頭にも書きましたが、コンビニ等で雑誌買う人・立ち読みする人は加入するとシアワセになれます。

これだけのためにタブレット買ってもガチで損しないと思いますね。

あとはヒマを持て余している人は騙されたと思って加入してみるのをオススメします。

逆にオススメできない人はこんな人です。

楽天マガジンはこんな人にはオススメできない
  • 小説やマンガの読み放題を視野に入れている人
  • 雑誌は紙の本で読みたい、集めたい派の人

雑誌よりも小説やマンガを読みたい!という人は別のサービスを検討するのが吉です。
ここはシンプルですね。

また、電子書籍はどうしても苦手で…という人にもオススメしません。(一定数はいますよね)
ただ、習慣化すれば電子書籍にも慣れるものなので、(ぼくも最初は紙派でした。)試してみたい人は無料期間だけでも試すのをオススメします。

Sponsored Links

楽天マガジンは申込みと解約がラク

申込みがカンタンなのって何気に超重要です。

楽天会員ならものの2分!で申込みが完了します。
楽天会員でない人は、楽天会員になる必要があるので少し入力する項目が増えますが。

解約も超カンタンです。
ページが複雑だったり引き止められることもありません
以下に解約の流れをまとめました。

注意!:アプリからは解約できないので、解約時は公式サイトにアクセスしてください。

①公式サイトにアクセス。

②ログインし、右上の3点リーダーから「ご契約内容の確認・変更」をクリック。

楽天マガジン公式ページの「ご契約内容の確認・変更」部分

③ご契約内容の確認・変更ページ下部の「解約ページへ」をクリック。

楽天マガジン公式ページの「ご解約の前に」ページ下部の「解約処理に進む」部分

④ご解約の前にページ下部の「解約処理に進む」をクリック。

楽天マガジン公式ページの「契約内容の確認・変更」ページ下部の「解約ページへ」部分

⑤ご解約確認ページ下部の「解約を完了する」をクリック。

楽天マガジン公式ページの「ご解約確認」ページ下部の「解約を完了する」部分

以上で解約が完了!

ログイン後わずか4クリックで解約が完了です。

31日の無料期間内で解約すれば、お金は1円もかからないです。

さらに今ならエントリーして年額プランに加入すればもれなく1000ポイント貰えるキャンペーン的なこともやってます。

楽天マガジンに年額プラン加入で1000ポイント貰えるキャンペーンのバナー
Sponsored Links

まとめ

現代には知らないと損する情報が無数にあります。

その情報を手に入れる媒体としてテレビやネットや雑誌があるわけですが、効率よく正確な情報を入手するには雑誌を読むのが一番です。
そもそもがそういう目的のメディアですからね。

ただ、紙の本を買うとコストがかかる。

その、「読みたいけどコストがかかる」というジレンマを気持ちよくひっくり返してくれるのが雑誌読み放題というサービスです。

なかでも楽天マガジンはコスパがスゴイです。
雑誌のラインナップやアプリの使い勝手もぬかりなしです。
個人的には最高のサービスだと思っています。

この記事をきっかけに楽天マガジンに興味を持ってもらえたら嬉しいです。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です